熟女の全てを堪能する無修正大全集「人妻の無修正絶品グルメ」

熟女のソムリエが選ぶ1番人気のメインディッシュ、ワインの女王と敬称されるボルドーワインのような甘く奥深い味わいをどうぞご堪能ください。

人気順位や好みのソムリエが一目で分かるランキング&取扱いサイト比較ナビがお勧め。どれにしようか迷ったらココをクリック!

定番や色々なジャンルを楽しむ ⇒総合ジャンルサイト

低料金でリーズナブルに楽しむ ⇒低価格サイト特集

味にうるさい皆様にもご満足戴けるよう満腹のメニューを取り揃えております。無料サンプル試食なども豊富にございますので思う存分ご堪能くださいませ。地中海の海の幸をふんだんに使ったスペインの郷土料理パエリアや安いオーソドックスなイタリアン大衆料理などはヨーロッパの代表的な家庭料理です。ミシュランガイド(ギド・ミシュラン)にも掲載されている程の熟成された三ツ星レストランの最高級の自信作料理や秘密のスパイスを効かせた絶品グルメのみ紹介しております。


熟女 秘密の楽園
熟女 料理コンテスト出品情報
熟女 当レストラン自慢のレシピ


フランス料理(オートキュイジーヌ)は、ルネサンス(文芸復古)の時代のイタリアから伝わった料理が原型になっている。ヴァロワ朝第10代フランス皇帝、アンリ2世とイタリア・フィレンツェ出身のカトリーヌ・ド・メディシスが婚姻関係を結んだ際、彼女とその専属料理人によってもたらされた。カトリーヌは、当時ヨーロッパ全土を巻き込んだ芸術的風潮であるルネサンスで活躍していた数々の芸術家や画家たちのパトロンとして影の立役者として有名なメディチ家の出身で、美食家で芸術的感性に鋭い貴族中の貴族だった。こうして仏蘭西に流入したイタリア料理はフランスの宮廷用に改良を加えられ、厳格なテーブルマナー作法に則った宮廷料理に成長していく。そしてフランス王家の中でも特に豪華絢爛な繁栄を誇ったブルボン王朝の最盛期、フランス料理は更に発達していった。その時代、特にルイ16世の妃でロココの女王マリー・アントワネットは贅に贅を重ねた夢のような生活を送っていたというイメージが強いが、きっと彼女もシェフが腕を奮った豪華な食事を贅沢に堪能していたことだろう。マリー・アントワネットはオーストリア王家ハプスブルグ家の末娘だが、このハプスブルグ家によって仏蘭西料理はロシアやドイツの宮廷にも広められていった。また、マリーや貴族たちの浪費が原因でフランス王政は経済危機に陥り、フランス革命の勃発により宮廷専属の料理人たちは職を追われ、街角でレストランを開業したことから庶民の間でも親しまれるようになった。そうして発展していったフランス料理とともに発達したのがワイン文化である。フランス料理の発展に伴い様々な種類のワインが産まれたが、特に有名で知名度の高いボルドーワインの中でも、特に最上級の葡萄酒、シャトー・マルゴーは「最も女性的なワイン」として形容される。このシャトー・マルゴーは、実は映画化やドラマ化もされた有名小説『失楽園』にも登場している。(作者は渡辺淳一で日本経済新聞に掲載されていた。明治から大正にかけて活躍していた小説家・有島武郎の心中事件がモチーフになっている。)話は逸れたが、とにかくワインというものはそのまろやかな風味だけでなくその場を彩るアイテムや雰囲気を醸し出す役者としても一役買っているのである。料理と相性の良いワインをオーダーし給仕するソムリエという職業が確立しているくらいだから(本場フランスでは国家資格に認定されているほど)、ワインは世界的に認められたアルコールなのである。日本でも、プロとして活躍する野田幹子、田崎真也やタレントで女優の川島直美のワイン通は有名である。ここでワインに合うフルコースを紹介しよう。

代表的なディナーコースの例
食前酒
オードブル(アンティパスト):生牡蠣の赤ワインヴィネガー風味、若鳥のパテ、フォワグラのポワレ
サラダ:生ハムとサーモンのカルパッチョ、シーザーサラダ
パスタ:トマトとモツァレラチーズのトンノロッソ、魚介のぺスカトーレ
スープ:ミネストローネ、クラムチャウダー、コーンスープ、ボルシチ
パン:バゲット、クロワッサン、ブリオッシュなど
魚料理(ポワソン):舌平目のムニエル アクアパッツァ風
肉料理(ヴィアンドゥ):牛フィレ肉の赤ワイン煮込み プロヴァンス風
デザート(アントルメ・ド・パティストリー):スフレ、プディング、プティフールなど
コーヒー、紅茶:エスプレッソ、アールグレイなど

赤ワイン、白ワイン、ロゼ、などが有名だが他にもスパークリングワイン、デラウェアなどもあり、中にはヴィンテージと呼ばれるものもある。フレンチは世界三大珍味と呼ばれる高級食材がしばしばレシピに登場し、ソースやスパイスのバリエーション・体系が著しく発達している。トリュフやキャビア、フォワグラである。トリュフとは特にヨーロッパで重宝されているキノコ類で別名「黒いダイヤ」。キャビアはチョウザメの卵の塩漬けでロシアやイランに面しているカスピ海が有名な産地である。フォアグラは強制給餌により故意に太らせたガチョウの肝臓、つまり脂肪肝のことで、ソテーやテリーヌ、またはパテ状にしてパンに塗って食べるのが主な調理法である。どれもワインによく合う食材なので、ぜひご賞味頂きたい。


熟女動画 人物辞典
人妻斬り 姉妹サイト