人妻、華の乱 愛と人情の感動ストーリー

人妻斬りは大奥の秩序を影から守る真の侍である。


徳川幕府が日本を治めていた江戸時代、人々の生活は潤い産業や文化が大きく華開いていた。徳川家康が戦国時代を見事統一し江戸幕府を開いてから250余年続いた江戸時代はまさに活気に溢れた泰平の世であった。その頂点に立っていた将軍は代々徳川家の嫡男から選ばれ、采配を振るっていた。そして将軍を支えた奥方たちの住まう御殿、それが大奥である。見かけは華やかだが、裏では女の嫉妬と自尊心が乱れ咲く女の戦場であった。

時は遡り、戦国時代真っ只中の天正7年(1579年)、歴史に残る一人の女性が産まれた。後に大奥の頂点、大奥総取締にまで登り詰めることになる春日の局(斉藤福)である。彼女の人生はまさに波乱万丈、たくさんの人との出会いと別れ、そして境遇の変化が彼女を逞しく成長させた。福が青春時代を過ごした安土桃山時代は足利義昭が治める室町幕府は事実上崩壊しており、織田信長が天下布武の旗をはためかせ全国にその名を轟かせていた全盛期であった。足利家の親戚であり巨大勢力であった今川義元を桶狭間の戦いで討ち、甲斐の虎の異名を持つ武田信玄の跡継ぎである武田勝頼を長篠の戦いで討ち、まさに敵なし、天下統一まであと一歩という所であった。強力な勢力を持つ有力藩の代表であった武田家は信長によって滅亡に追い込まれた。武田家とともに戦国大名の双頭であった上杉家も、偉才・上杉謙信のびょうしによってかつての栄光は薄れている。誰もが信長による全国統一を信じて疑わなかった。そんな時、歴史を大きく狂わせる大事件が起こった。そう、本能寺の変である。信長の家臣であった明智光秀が謀反を起こし京都の本能寺に滞在中だった信長を自害に追い込んだのである。その時、光秀と共に信長を討ったのが福の父親、斉藤利三である。福がわずか3歳の時であった。

斉藤家は美濃国の名門武家で、斉藤利三は明智光秀から光秀の所領・丹波国を領地として与えられていた。これにより利三は光秀の家臣として共に本能寺の変に加わるわけだが、その後の山崎の合戦で羽柴秀吉に討たれ、福は母方の親戚に当たる三条西公国に養子に出されることになる。三条西家は大臣家という由緒正しい家柄の公家である。福は三条西家において公家の教養を身に付け、武家の逞しさと公家の淑やかさを併せ持つ淑女に成長していった。そして祖父の稲葉一鉄の縁者である稲葉正成の後妻となった。正成は関ヶ原の戦いの勝敗を分ける要となった小早川秀秋の家臣で、もともと西軍(豊臣家側)に属していた秀秋を東軍に寝返るよう説得し徳川家を勝利に導いた功労者である。夫の戦功と福の家柄、公家の教養が評価され、福は江戸幕府2代将軍徳川秀忠の嫡子である竹千代(後の3代将軍徳川家光)の乳母に任命されることとなる。

紆余曲折を経て徳川家の関係者となった福は、秀忠の正室(継室)であるお江与の方(崇源院)と世継ぎ争いを繰り広げることとなる。福は自分の乳子である家光を、一方お江与は家光の実弟である国松(松平忠長)を後継者に推していた。お江与はなぜか、家光・忠長ともに実子であるにも関わらず、忠長ばかりを溺愛していた。家光は実母が弟ばかりを溺愛する様子を憂い自害しようとまで思い詰めるが、福によって諌められ、家光が家督を継ぐ結果となる。その影には、福が駿府城にて隠居していた大御所・家康に家光の後継を直訴したという逸話がある。

江戸幕府の頂点に立つ将軍の乳母となった福は着実にその地位を確立していった。朝廷から「春日局」の称号を賜り、大奥の最高権力者である御年寄りに任命され、大奥の礎を築いていった。家光は正室に鷹司孝子(後に落飾して本理院となる)を迎えていたが、夫婦仲は冷めきっていて、実質的な夫婦生活は無いに等しかったらしい。孝子は公家の出身であると共にお江与の猶子(親子の契約を結ぶこと)であり、お江与に対抗していた春日局が作為的に不仲にしたという説や、お江与なき後も孝子が嫡男を産むことにより朝廷の権力が拡大することを避けるために春日局が形式上だけの夫婦という形を採らせたという説がある。春日局は御台所である孝子に対抗するように家光に次々に側室を娶らせ、伊勢慶光院の尼僧であったお万の方(永光院)を皮きりに、4代将軍徳川家綱の生母となるお楽の方(宝樹院)、5代将軍徳川綱吉の生母となるお玉の方(桂昌院)、6代将軍徳川家宣の祖母となるお夏の方(順性院)などを次々に家光にお手つきさせた。

話は遡るが、お江与と春日局の対立には実は本能寺の変が関係している。お江与は織田信長の妹・お市の三女で、長姉に豊臣秀吉の側室である淀殿(茶々)をもつ。当然のことながら、織田家の血筋を重んじていた。一方、春日局は織田信長を討った明智光秀の重臣である斉藤利三を父に持っていた。信長の血縁者とそれを討った光秀の関係者。ここに対立が生まれるのは当然のことなのかもしれない。




人妻斬り
TOPへ戻る

熟女TOP